〒142-0062 東京都品川区小山3丁目14番1号シティタワー武蔵小山2F
24時間WEB予約 LINE予約

甲状腺機能低下症・橋本病

甲状腺機能低下症・橋本病|目黒区、品川区|むさしこやま駅前内科・糖尿病クリニック

甲状腺機能低下症・橋本病

こんな症状、甲状腺機能低下症かもしれません

  • 体がだるく、重い
  • やる気がわかない
  • 寒がりになり、体が冷える
  • 顔や手足がむくむ
  • 声がかすれ、周りから声が低くなったと言われる
  • 忘れっぽくなった
  • 肌が乾燥する
  • 便秘がちである
  • 髪が薄くなった

このような症状を感じたら、甲状腺機能低下症の可能性があります。

当院の院長は内分泌代謝科の専門医です。少しでも気になれば、お気軽にご来院ください。

甲状腺機能低下症・橋本病とは

甲状腺刺激ホルモン(TSH)→甲状腺ホルモン(FT3・FT4)

甲状腺ホルモンは、細胞や組織の新陳代謝を促す働きを担っています。甲状腺ホルモンの分泌が増えることによって、脳や心臓、胃腸の活動を促進したり、交感神経を刺激したりすることで身体活動を活発にする働きを持っています。

正常な状態の場合、甲状腺ホルモンはその量が一定範囲内に保たれるように、脳下垂体で分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)によって調整されています。ところがこの調節がうまくいかず、甲状腺ホルモンが十分に分泌されず不足状態になることを甲状腺機能低下症といい、先に挙げた様々な症状が引き起こされます。

甲状腺機能低下症で代表的な疾患が橋本病です。

橋本病(慢性甲状腺炎)の原因

橋本病は、自分の体を守るための仕組みである“免疫”が、甲状腺に反応してしまうことで起こる自己免疫疾患です。本来であれば外部からのウイルスや細菌などに対抗するための免疫システムに何らかの異常が起こり、甲状腺を刺激する「自己抗体」(抗サイログロブリン抗体:TgAb、抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体:TPOAb)ができてしまい、甲状腺に炎症を引き起こします。この状態が長く続くと甲状腺ホルモンが作れなくなってしまい、甲状腺機能低下症に至ることがあります(甲状腺の炎症が慢性的に続くことから、「慢性甲状腺炎」とも呼ばれます)。

この自己抗体が作られてしまう原因は詳しくは分かっておらず、遺伝的なものに加えて、ストレスや過労などの環境要因やヨード摂取過剰(海藻類の摂取・薬剤など)が関わっていると考えられています。また妊娠や出産といった体内環境が大きく変化するタイミングで発症する例もあります。

橋本病は女性に多い病気で、男女比は男性1人に対して女性20人~30人程度と言われています。年齢別にみると20歳台の後半以降から、特に30歳台~40歳台に多く発症します。

人物

橋本病を引き起こす原因となる自己抗体は成人女性の10人に1人といった非常に高い頻度で見つかります。しかし実際に甲状腺ホルモンの分泌量が低下する人はその内の4~5人に1人と言われており、多くの方は特に症状が出てこず、治療の必要もありません。甲状腺ホルモンの分泌が低下し不足状態になると、身体全体が沈静化されたような状態になり、先に挙げた様々な症状が引き起こされます。

また橋本病では時に甲状腺の炎症によって甲状腺細胞が破壊され、その中に蓄えられていた甲状腺ホルモンが一気に血液中に漏れ出てしまうことがあり、これを「破壊性甲状腺炎(甲状腺細胞が破壊されるため)」あるいは「無痛性甲状腺炎(細胞が壊れても痛みがないため)」といいます。一時的ではありますが逆に甲状腺機能亢進状態(甲状腺ホルモンが過剰な状態)となるため、バセドウ病との区別が難しくなる場合があります。

橋本病は“完治する”という類の病気ではなく、基本的には一生のお付き合いとなる病気です。放っておくと状態が悪化して甲状腺機能の異常をきたすこともあるため、定期的に観察・検査を行って異常が見られればすぐに治療を開始することが大切です。

橋本病の検査と診断

橋本病の検査は、血液検査により甲状腺ホルモン(FT3、FT4)や甲状腺刺激ホルモン(TSH)の濃度を調べます。橋本病によって甲状腺機能が低下した場合、FT3・FT4値は低値になり、一方で甲状腺ホルモンが不足していると感知した脳下垂体ではTSHが多く分泌されます。

また同様に血液検査で自己抗体の抗サイログロブリン抗体(TgAb)や抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)の有無を調べ、いずれかが陽性だった場合に橋本病と診断されます。

甲状腺超音波(エコー)検査では、甲状腺は基本的には全体的に腫れぼったく、炎症が起こっている影響で表面に凸凹がみられ、内部も全体的に粗くみえることが多いです。

橋本病の治療

甲状腺機能が正常であれば治療の必要はありません。機能が低下している場合には飲み薬(チラーヂンS®、レボチロキシン®)によって甲状腺ホルモンの補充を行います。

また橋本病の方はヨード(ヨウ素)を多く含む食品を摂りすぎると甲状腺ホルモンが作られなくなり、甲状腺機能低下状態となることがあります。昆布・昆布だしを毎日摂っていたり、ポピドンヨードうがい液を頻繁に使用したりすることはヨード過剰になりますので避ける必要があります。

日常生活で気を付けていただきたいこと

橋本病であることが分かってもすぐには治療を必要としないケースは多いのですが、いつの間にか炎症が進行して甲状腺ホルモンの分泌量が低下していることもありますので、半年~1年に一回程度は血液検査を受けるようにしましょう。甲状腺ホルモンが不足していると自覚できる症状だけでなく血中コレステロール値の上昇を招くことで、気付かないうちに動脈硬化が進行してしまう危険性もあります。

最近は、健診などでのどの腫れ、コレステロール高値、肝機能異常などといったことをきっかけに、甲状腺機能低下症が疑われることも増えてきました。気になる方は当院にお気軽にご相談ください。