〒142-0062 東京都品川区小山3丁目14番1号シティタワー武蔵小山2F
24時間WEB予約 LINE予約

血糖自己測定について

血糖自己測定のメリットと注意点|目黒区、品川区|むさしこやま駅前内科・糖尿病クリニック

血糖自己測定について

血糖自己測定(SMBG)とは

血糖自己測定をしているイラスト

血糖自己測定(SMBG:Self Monitoring of Blood Glucose)とは、簡易血糖測定器を用いて患者さんご自身で血糖値を測定することです。一般的に血糖値の測定は医療機関で採血して測定しますが、簡易血糖測定器を使えばご自宅や外出先など、いつでも“今”の血糖値を知ることができます。

病院やクリニックで行ういわゆる採血とは違い、簡易血糖測定器では指先からほんの少し(米粒の半分程度)の血液を絞り出すだけで、血糖値を測定することができます。持ち運びも簡単なサイズのため、ご自宅だけでなくお仕事場でも、お出かけの際にも手軽に測定が可能です。

血糖自己測定を行うメリット

日常生活の中で、今の血糖値を知ることがなぜ必要なのでしょうか?

例えば、どのような食事を摂ったらどれくらい血糖値が上がるのか、あるいはどのような運動をどれだけ行えばどれだけ血糖値が下がるのか、ということをご自身で確認し、知ることができます。また何らかの原因で低血糖になっている時も、早目に気付くことで症状が重篤になる前に対処することも可能です。

日常のどのような行動でご自身の血糖値にどのような影響を及ぼすのかが見えてくることで、血糖コントロールがしやすくなるのです。

簡易血糖測定器は薬局などでも販売されていますが、インスリン治療やGLP-1注射薬による治療を行っている患者さん、また妊娠中の糖尿病の患者さんは医療保険が適用されます。

血糖自己測定の注意点

  • 簡易血糖測定器はあくまで簡易の機器ですので、医療機関で測定する血糖値とは若干の誤差が生じます。
  • 血糖値はちょっとした環境の変化ですぐに影響を受けるため、測定する時間が一緒でも日によって血糖値は異なるのが普通です(例えば、朝6時・朝食前に毎日測定しているとして、その血糖値が常に同じ範囲の中に収まっていることはまれで、日によっては予想外に高い、あるいは低い数値だった、なんてことはよくあることです)。また採血部位、食事時間や内容、運動の有無、さらにはその日の体調にも影響を受けますので、毎回の測定値に一喜一憂しすぎないことが大切です。
  • 指先が汚れていたり、果汁がついていたりすると測定値が大きく変動します。必ず測定前には手を清潔にしてから測定しましょう。
  • 測定した値が高かったから、低かったからといって、ご自身で薬の量を増やしたり減らしたりすることは絶対に避けてください。かえって重篤な副作用を招く危険性がありますので、必ず医師に相談をするようにしてください。

連続血糖測定システム機器について

近年、連続血糖測定システム機器が普及・発展しつつあります(特に普及しているものはフラッシュグルコースモニタリング(FGM)といいます)。今までは測定の度に針を指に刺し、血液を絞り出して計測する必要がありましたが、FGMでは、腕に500円玉程度の大きさのセンサーを一度貼り付けさえすれば、専用の読み取り装置(あるいはスマートフォン)を測定器に近づけるだけで最大で2週間、何度でも測定が可能になります。また、FGMの使用に際し、測定中の日常生活における制限はなく、運動や入浴も問題ありません。

FGMをはじめとした連続血糖測定システム機器では、“点”で見ていた血糖値、また“平均”を見ていたHbA1cとも異なり、日常生活の中での血糖値の動きを“線”で見ることができます。つまり食事の影響や運動の効果、お薬の効果も非常に視覚的に確認することができます。

従来指先での血糖測定など「点」での測定

従来指先での血糖測定など「点」での測定

「線」で見る血糖トレンド

「線」で見る血糖トレンド

血糖トレンドを見ることで、従来の血糖測定では得られない情報を把握できるようになりました。

血糖トレンドを把握することにより、患者さんにとっては従来の血糖自己測定よりも食事の工夫や運動効果といったご自身の頑張りがより“見える化”し、治療へのモチベーションが高くなる、というメリットがあります。また私たち医師にとっては、患者さんにより見合った治療の選択肢を提案するための重要な参考資料となり得ます。

ただし厳密に言うと、FGMのセンサーで測定しているのは皮膚の組織間液のブドウ糖濃度であり、それを換算して血糖値として表示しています。組織間液のブドウ糖濃度の変化は実際の血糖値よりも若干遅れて変化する(タイムラグがある)ため、その点には注意を要する場合があります。例えば、低血糖を起こしたときにブドウ糖を摂取してもなかなかFGMで数値が上がってこないため、何度もブドウ糖を摂っていると、あとから著明な高血糖になってしまうことがあります。